loader image

ウクライナ避難民、日経ビジネスサテライト

ウクライナ避難民、日経ビジネスサテライト

夜の22時から始まる日経ビジネスサテライトを見ていると、ウクライナ避難民が東京でキッチンカーを開業させていることがニュースとして報じられていた。

大変な状況なのに起業するなんて凄いなと見ていると、「日本語が話せない他のウクライナの避難民に働く手段を提供出来たら」との事、自分の想像はるかに超えて凄かった。

そんなことを思いながら見ていると、なんと東京のキッチンカーは実は第二号店で、第一号店は何故か滋賀県彦根市でオープンしていたのだった。

なぜわざわざ滋賀県彦根市?と調べると、家族の一人が滋賀大学に避難的な留学をしていたことが分かった。

以前に書いた記事でも、書いていたが申請取次行政書士として活動するのを機会に理不尽な運命で困っている人に将来的に何かしら手助け出来ればと思っていたので、具体的な例を見たように思う。

キッチンカーの許認可では、恐らく行政書士が一枚噛んでるだろうし、それ以前に留学についても行政書士が絡んでいるのかもしれないし、自分もそのように成れたらと思いました。

とはいえ現実的な話、行政書士は3年で9割廃業らしいですし、いきなり何でもかんでもできるわけではないので、地道に目の前の事(未完成のこのサイトを早く完成させること)を続けていこうと思います。

↓↓↓↓↓ブログランキングに参加しています、順位はコチラ↓↓↓↓↓

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る