行政書士森永事務所の割とどうでも良いブログ

心理テストを受けてみましたMBTIとエニアグラム

自己探求の旅への誘い

人生の中で、時折立ち止まり自問する機会は重要です。「私とは何者なのか?」「自分の長所や短所は?」自分自身をよく知ることは、人生をより豊かに歩むための第一歩となります。私もまた、自己探求の道を歩むべく、心理テストを受けることにしました。

MBTIとエニアグラム、性格の二重構造

私が選んだのは、MBTIとエニアグラムの2つの代表的な性格診断ツールでした。これらのテストは、indeedというキャリア支援サイトで受けました。

診断結果と自己分析

診断の結果、私の性格はMBTIでINTJ型、エニアグラムではタイプ5と判定されました。これらの結果は、私自身の自己分析とも合致するものでした。

診断では、私に向いている職業として法律関係の士業、特に行政書士が挙げられていました。そして、以下のような強み弱みが示されていました。

強み: 自信に満ちている、自立心が強い、決断力がある、意思が強い、偏見がない、戦略的、多くのスキルを持っている、論理的、想像力が豊か

弱み: 独断的、体制に反発、用心深い、過度に分析的、傲慢、社交性がない

私自身、この結果は的確に自分の性格を表しているように感じました。特に「用心深い」という点は、自分に良く当てはまると思います。

行政書士という職業と性格の相克

行政書士は、人生を大きく左右する重要な仕事に携わります。そのため、用心深さは大切な資質だと考えています。実際、私は仕事に取り組む前に徹底的に勉強を重ね、準備をするタイプです。

一方で、社交性の無さは弱点だと自覚しています。行政書士には営業力も求められるためです。しかし、物事には二面性があり、この弱点も強みとなり得るのではないかと考えています。

AIの示した社交性の低さの利点

社交性の低さについて、AIには以下のような返答がありました。

社交性が低い人は、人との対話よりも集中して仕事に取り組めるため、細かい作業や複雑なタスクに長けている。また、他人の影響を受けにくいので、客観的な視点と冷静な判断力を発揮できる。さらに、独自の興味関心を持ち、創造性に富むことも多い。

しかし、場面によっては問題となることもある。自分の特性を適切に活かすことが大切である。

おわりに

行政書士の仕事には、単価の高い厚利少売の業務と、単価の低い薄利多売の業務があります。性格診断の結果を踏まえると、私の場合は前者の方が適性があるように思われます。

自分自身を知ることは、自分らしい人生を歩むために欠かせません。今回の経験を機に、これからも自己探求の旅を続けていきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。参考になった方はクリックで応援お願いします。


🏆人気記事ランキング🏆

総合 - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して

政治経済 - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して

科学技術 - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して

暮らし - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して

ダイエット - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して

エンタメ - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して

資格受験 - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して

士業実務 - 行政書士ブログ
滋賀県許認可の第一人者を目指して



080-7751-3252
〒520-0012 滋賀県大津市鏡が浜4番1−1106号

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

【Disclaimer】

Neither our firm nor any of its business associates shall be liable for any trouble, loss, or damage arising from the information contained in this site or from the use of this site, regardless of the reason for the details.

トップへ戻る 友だち追加