loader image

社会保険労務士の試験、お疲れ様でした

社会保険労務士の試験、お疲れ様でした

今日は社会保険労務士の試験日ということで、受験生の方はお疲れ様でした。

人それぞれの思いがあると思いますので、何も分かっていない私が安易な言葉を掛けるのは時に人を傷つけることになりますので、受験生の方向けにはお疲れ様とだけに留めておきます。

さて、社会保険労務士の受験については、行政書士との資格との相性がすごく良いとの声をよく聞きますので、興味がないといえば嘘になります。

とは言え受験するのかというと、多分しないと思います。

理由は、まだ詳しい事はよく分かっておりませんが、現在弊所がメインとしている国際関係や古物商許可の場合は取得が必要になるほどに困ることが多分ないからです。

もし私が、建設業許可の専門家の方向に進む場合は受験を考えたかもしれません。

建設業許可については全然よく分かっていないので、間違ってるかもしれませんが、建設業許可の取得のために、雇用保険の加入が要件になっていて、相談があったとしても要件が満たないという理由で受任出来ないらしいです。

そのため、自分が社労士の資格を持っていた場合、失注せずにまずは社労士として雇用保険の加入の仕事が受任できるというわけです。(そして建設業許可申請を行政書士として受任できるから二度おいしい)

なので、自分がどういう専門を選ぶかによって、全く使わないか、行政書士というよりも社労士になってしまうなど、ダブルライセンスを上手く活かせない場合があると(今のところは)理解しています。

以前にも検討しましたが、特定行政書士という、行政書士の資格内資格もあり、これは行政不服審査ができるという便利な資格なのですが、自分は取らないと決めました。

なぜかというと、国際業務の場合は適用除外となっており行政不服審査が出来ない為、やはり取ったとしても宝の持ち腐れになるからです。

もう一つの理由は、行政書士の扱える業務1つ分だけでも、(私が不器用なだけかもしれませんが)営業にかかる手間は結構なもので、ちょっとダブルライセンスとか考えられないからです。

最後は受験が大変だからです。行政書士試験を受け終わった後に、「国家試験は二度と受けるものか」と思いましたので、それよりも難しい(らしい)社労士は受ける気がしません(実際に勉強した訳で無いので、何とも言えませんが)。

何よりも年に1度の、デッドオアアライブなのが理不尽過ぎてもう嫌です。

たまたまコロナに感染するとか、たまたま試験前日緊張しすぎて眠れないとか、運によるところが大きいので好きではないです。

ちなみに私は行政書士試験のときは、緊張しすぎて一睡も眠れず、不合格を確信して朝を迎えましたが。起きてみると妙に頭抑えていて記述試験の採点を待つまでもなく、合格するラッキーでした。

その時の気持ちを思い出し、間違っても別の国家試験に手を出さないように肝に銘じ、ビザ専門行政書士として骨を埋めたいと思います。

↓↓↓↓↓ブログランキングに参加しています、順位はコチラ↓↓↓↓↓

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る