loader image

申請取次事務研修会の結果発表が不安

申請取次事務研修会の結果発表が不安

こんにちは、滋賀県大津市の行政書士 森永です。

メインでやりたいと思っている入管業務に必要な申請取次資格の効果測定とレポート審査を7月上旬提出して結果待ちですが、タイトル通り割と心配になってきました。

結果発表の通知は一律7月27日に発送予定なので、人手不足で最近の郵便は遅いですから7月30日ぐらいに結果が届くものと思われます。

不合格率は確実なデータというものが出ていないので風の噂としか言いようがないのですが、いろんな先輩先生方のブログを拝見させていただいて情報収集した結果、一割から三割が不合格になるそうです。

で、一番多い噂は一割でした。三割というのは、油断させないために発破をかける意味でちょっと大げさに言われた様な文脈でしたので、合格率は90%ぐらいとみて良いでしょう。

さらに不合格場合も、一年以内に無料で再試験ができるなど救済措置があるようでそこまでシビアなものではありませんが、私のようにもともとメイン業務で考えており、資格取得が長引くと予定が崩れるのでご勘弁いただきたいというところです。

さて、効果測定の内容はマーク試験で、レポート審査もありました

通常の研修ですと研修会場に赴き、その場で講義を受けて試験を受けてという内容ですが、コロナによるパンデミックの現在はオンラインで研修動画を視聴するスタイルとなっており、自宅ですべての研修が行われます。

先ほど不合格だった場合の話をしましたが、通常研修の効果測定はそもそもマーク式テストだけで、不合格だった場合にのみ救済措置としてレポート提出があったそうです。

しかし、現在のオンライン形式ではマーク式テストとレポート式テストどちらも提出しないといけないので、救済措置はあるのでしょうか?

かなり前なので、資料のどこかに救済措置の旨が書かれていた覚えがありますが、かなりの量なので探すのは一旦止めておきます。

一応提出する前に3回、日にちを分けて徹底的に見直したので大丈夫かと思いますが、問題なく合格してくれることを祈るばかりです。

↓↓↓↓↓ブログランキングに参加しています、順位はコチラ↓↓↓↓↓

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る