「奇跡的な確率でも可能性があれば…」驚きの比較で読者魅了!古物商違反のリスクと事故率を徹底解説!


可能性の「有り・無し」についての質問された場合、奇跡的な確率であっても可能性がある場合には必ず「有る」と回答しなければなりません。

そのため、パーセント(%)の表現を使用して、以下の資料から過去10年間の申請許可数の平均値が67万件であり、無許可の検挙数の平均値が10件であることがわかりました。 参考資料:https://www.npa.go.jp/publications/statistics/safetylife/R4kobutusitiyagaikyou.pdf

したがって、申請した場合の確率は0.0016%となります。(実際には申請していない人を含めると、確率はさらに低くなります。)

西暦2013201420152016201720182019202020212022合計平均10年間の平均
許可件数(古物商)739,461752,326764,906774,157783,110787,779778,332395,526440,874483,2766,699,747669,975
無許可検挙数911511131371212810110.1
確率0.0012%0.0015%0.0007%0.0014%0.0017%0.0017%0.0009%0.0030%0.0027%0.0017%0.0164%0.0016%
許可件数と無許可件数の割合

比較対象として、外出することに伴う危険性を考えると、令和3年における交通事故での死傷者数(36万4,767人)を日本の総人口(1億2570万人)で割った「1年間で事故に遭う確率」が0.29%であることが示されています。 参考資料:https://www8.cao.go.jp/koutu/taisaku/r04kou_haku/zenbun/genkyo/h1/h1b1s1_2.html

以上から、事故に遭う確率は、申請した場合の古物商違反になる可能性の約177倍になります(実際には申請していない人を含めると、倍数はさらに増えます)。

このように、日常的な外出時の危険性と比較すると、具体的なイメージが湧くかと思います。

古物商許可 行政書士森永事務所

🏆人気記事ランキング🏆

①申請可否診断

②必要書類収集

③申請書作成

④警察署に申請

⑤許可証の受取

080-7751-3252
〒520-0012 滋賀県大津市鏡が浜4番1−1106号

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

トップへ戻る 友だち追加