loader image

古物商許可の略歴書の書き方について

古物商許可の略歴書については各都道府県の警察のホームページに様式が用意してあります。

この各都道府県警察署で用意されている略歴書の形式は都道府県ごとに異なりますので、念のため営業所の管轄の警察署からダウンロードしたものを使う方が無難です。

古物商許可の略歴書の書き方

略歴書は履歴書と違って自分の経歴を全て書く必要はありません。

履歴書の場合は大体高校から現在に至るまで経歴を書いていくのに対して、略歴書については過去直近の5年間を空白の期間がないように記載することが求められます。

押印については以前は遅欄が用意されていましたが今は確認できません。
こちらの市役所の委任状のケースとは違い、警察署書類に関しては脱ハンコが行き届いているみたいですね。
押印する欄が外されているので、ハンコは不要となります。

直近5年分の履歴記載が必要な理由

薬歴所に関しては直近5年分の履歴の記載欄が用意されていますが、これには理由があります。

古物商許可の欠格事由として5年がキーワードになっている以下の項目があります。

  • 禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行が終わってから5年を経過しない場合
  • 背任、遺失物・占有離脱物横領、盗品等有償譲受け等の罪で罰金刑に処せられ、その刑の執行が終わってから5年を経過しない場合
  • 古物営業法違反のうち、無許可、許可の不正取得、名義貸し、営業停止命令違反で罰金刑に処せられ、その刑の執行が終わってから5年を経過しない場合
  • 古物営業法第24条の規定により、古物営業の許可を取り消されてから5年を経過しない者

この欠格事由の確認を踏まえて、過去5年分の直近の履歴が必要なのです。

管理者の略歴については要注意

管理者とは簡単に言うと営業所に必ずおかないといけない責任者で、営業所の古物取引において管理監督指導ができる者、そしてトラブルが起きたときに警察との窓口となる者となりますが選任する際には注意が必要です。

まず、古物営業法 第13条第1項において以下のように定められています。

古物商又は古物市場主は、営業所又は古物市場ごとに、当該営業所又は古物市場に係る業務を適正に実施するための責任者として、管理者一人を選任しなければならない。

古物営業法 第13条第1項(管理者)

上記の通り「業務を適正に実施するための責任者」を置かなければなりませんので、扱う業務が「美術品」や「ブランド品」を取り扱う場合は贋物が見極められるか?

(管理者に得させる知識等)

第十四条 法第十三条第三項の国家公安委員会規則で定める知識、技術又は経験は、自動車、自動二輪車又は原動機付自転車を取り扱う営業所又は古物市場の管理者については、不正品の疑いがある自動車、自動二輪車又は原動機付自転車の車体、車台番号打刻部分等における改造等の有無並びに改造等がある場合にはその態様及び程度を判定するために必要とされる知識、技術又は経験であって、当該知識、技術又は経験を必要とする古物営業の業務に三年以上従事した者が通常有し、一般社団法人又は一般財団法人その他の団体が行う講習の受講その他の方法により得ることができるものとする。

古物営業法施行規則

上記の古物営業法施行規則にもある様に「中古車」の場合は、盗難車や不正改造などを見抜ける能力が求められ3年程度の中古自動車業界での経験者と同一のレベルの知識や能力など管理能力に疑問を持たれると次の欠格事由に引っかかる可能性があります。

営業所(営業所のない者にあつては、住所又は居所をいう。以下同じ。)又は古物市場ごとに第十三条第一項の管理者を選任すると認められないことについて相当な理由がある者

古物営業法 第4条第10項(許可の基準)

ただし、そういった経歴や資格がないからといって取得を諦めないといけない訳ではなく、研修などに参加して必要な知識や技術を身につけることを約束することで許可をもらえる場合もあります。

空白期間ができないように記載する

それでは具体的に書き方を見て行きたいと思います。警察署でダウンロードしたものを用いています。(都道府県公安委員会ごとに様式は異なりますので、事前に確認が必要です。)

住所については略式で記載せず、「住民票」通りに正式な書き方をしましょう。

書ききれないほど経歴が多く、用意された様式の枠に収まらない場合でも省略をせずに「別紙」を用いて、できる限り詳細の経歴を記載します。

「年月」と「期間」で注意する

略歴書は 各都道府県全く統一されておらず、 年月表記か期間表記など バラバラです。

年月の場合は平成何年何月のような書き方で良いですが、 期間の場合は 自:平成何年何月何日 至: 平成何年何月何日といった書き方になるので 特に注意してください。

なお、最後は「以後、現在に至る。」で構いません。


【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る