【自動車整備士の業務内容】資格によって大きく異なる!

stateDiagram
    state 専門性が高い自動車工学による判断を行う {
        Direction LR
        自動車整備士2級以上の資格
        資格のない整備士や自動車整備士3級等<br>に対して指導監督を行う業務
        整備主任者として近い将来従事を予定
        state 「点検」「診断」などの高度で専門的な業務 {
            Direction LR
            点検整備単独
            分解整備足回りやエンジンなど
        }
        指定認証を受けている自動車整備工場などは<br>業務内容を具体的かつ詳細に説明することで足りる場合が多い
    }
    state 単純作業不法就労助長罪 {
        Direction LR

        state 三級自動車整備士 {
            Direction LR
            点検業務補助
        }
            state 無資格で出来る整備業務 {
            Direction LR
            板金塗装
            タイヤ交換
            洗車
            オイル交換
            パンク修理
            カー用品の取り付け
            }
    }


自動車整備士の業務内容

自動車整備士は、自動車の点検や修理を行う専門職です。その業務内容は、資格によって大きく異なります。

専門性が高い業務

自動車整備士2級以上の資格を有する整備士は、自動車工学に基づいて判断を行う高度な業務を担います。具体的には、以下の業務が挙げられます。

  • 点検整備(単独):車両の状態を定期的にチェックし、異常がないか確認する
  • 分解整備(足回りやエンジンなど):車両の一部を分解して、故障箇所を修理する

また、資格のない整備士や自動車整備士3級等に対して指導・監督を行う業務も行います。将来的には整備主任者として従事することも考えられます。

これらの業務を行うためには、自動車の構造や仕組み、故障の原因と修理方法など、幅広い知識と技術が必要です。

単純作業

自動車整備士3級の資格を有する整備士は、点検業務(補助)を担います。具体的には、以下の業務が挙げられます。

  • 車両の引取りや納車
  • オイル交換やタイヤ交換などの簡単な整備

また、無資格で行うことができる整備業務もあります。具体的には、以下の業務が挙げられます。

  • 板金塗装
  • タイヤ交換
  • 洗車
  • オイル交換
  • パンク修理
  • カー用品の取り付け

これらの業務を行うためには、自動車の構造や仕組みに関する基礎的な知識と技術が必要です。

なお、指定・認証を受けている自動車整備工場などは、業務内容を具体的かつ詳細に説明することで、無資格者でも自動車整備士の業務を行うことが認められる場合があります。

まとめ

自動車整備士の業務内容は、資格によって大きく異なります。専門性の高い業務を行うためには、幅広い知識と技術が必要です。一方、単純作業や無資格で行うことができる整備業務もあります。

自動車整備士を目指す方は、自分の目標や適性に応じて、必要な資格を取得するようにしましょう。


🏆人気記事ランキング🏆

VISA(在留資格)の関連記事


080-7751-3252
〒520-0012 滋賀県大津市鏡が浜4番1−1106号

重要事項

【注意】

  • 弊所の業務は、ビザ発給・帰化の許可を保証するものではありません。
  • 申請の結果、ビザの発給が拒否・終止になった場合や日本国大使館・総領事館での審査が長引いて招へい予定に間に合わなかった場合でもお振込みいただいた書類作成費用は、返金致しかねますので、あらかじめ御承諾のうえ、お申し込み下さい。
  • ご依頼された内容が不正・不法なものである場合は、お断りいたします。
  • 短期滞在ビザ申請における当事務所の業務は、日本国外の日本大使館・領事館等でのビザ申請を代行するものではありません。
  • 短期滞在ビザ申請で90日の日本滞在を希望しても訪日目的等によっては、希望通りにならないことがあります。

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

トップへ戻る 友だち追加