在留カードの申請と変更手続き――法的義務と届け出事項の詳細解説

在留カードの申請と変更――法的義務と手続き

日本への上陸許可を得た外国人は、新たに在留カードを取得するために一定の手続きを経なければなりません。この在留カードは、中期滞在者に対して交付され、彼らが法的な身分証明書として利用することができます。在留カードの新規申請および変更手続きについて、以下に詳しく説明します。

新規申請

外国人が日本に初めて上陸し、中期滞在者として滞在する場合、在留カードの新規申請が必要です。この申請は、上陸許可の証印が押される際に行われます。証印が押されると同時に、中期滞在者には在留カードが交付されます。在留カードは、彼らの身元確認や滞在状況の管理に使用されます。

flowchart TB
新規申請-->上陸許可の証印時に中期滞在者に在留カードを交付

居住地の変更

外国人が現在の居住地を変更する場合、市区町村にその変更を届け出なければなりません。法的な規定によれば、居住地を定めた後、14日以内に市区町村に届け出を行う必要があります。これにより、移転後の正確な住所情報が適切に管理されます。

flowchart TB
居住地の変更-->居住地を定めてから14日以内に市区町村にお届け出

変更事項の届け出

在留カードに記載された個人情報に変更が生じた場合、外国人は出入国在留管理局にその変更を届け出なければなりません。変更事項には、氏名、国籍、生年月日、性別などが含まれます。これらの情報が変更された日から14日以内に、出入国在留管理局に届け出を行う必要があります。

また、所属機関の変更があった場合や、配偶者との離婚などが生じた場合も同様です。所属機関の変更や家族状況の変化は、在留カードに正確に反映される必要があります。そのため、変更の日から14日以内に、出入国在留管理局に届け出を行うよう努めましょう。

在留カードの申請と変更手続きは、外国人にとって法的な義務となっています。これらの手続きを怠ると、法的な問題や滞在の妨げにつながる可能性があります。正確かつ迅速に必要な届け出を行うことは、自身の合法的な滞在を確保するために重要な要素となります。

flowchart TB
変更事項-->氏名,国籍,生年月日,性別-->変更の日から出入国在留管理局に14日以内
変更事項-->所属機関の変更があった場合-->変更の日から出入国在留管理局に14日以内
変更事項-->配偶者との離婚等の場合-->変更の日から出入国在留管理局に14日以内

以上が、在留カードの新規申請と変更手続きに関する概要です。在留カードは、外国人の身分証明書としての役割を果たすだけでなく、彼らが法的な規定を遵守し、正確な情報を提供することを求めるものです。


🏆人気記事ランキング🏆

VISA(在留資格)の関連記事


080-7751-3252
〒520-0012 滋賀県大津市鏡が浜4番1−1106号

重要事項

【注意】

  • 弊所の業務は、ビザ発給・帰化の許可を保証するものではありません。
  • 申請の結果、ビザの発給が拒否・終止になった場合や日本国大使館・総領事館での審査が長引いて招へい予定に間に合わなかった場合でもお振込みいただいた書類作成費用は、返金致しかねますので、あらかじめ御承諾のうえ、お申し込み下さい。
  • ご依頼された内容が不正・不法なものである場合は、お断りいたします。
  • 短期滞在ビザ申請における当事務所の業務は、日本国外の日本大使館・領事館等でのビザ申請を代行するものではありません。
  • 短期滞在ビザ申請で90日の日本滞在を希望しても訪日目的等によっては、希望通りにならないことがあります。

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

トップへ戻る 友だち追加