loader image

入国者健康確認システムERFS申請について

入国者健康確認システムERFS申請について

現在のコロナウイルス水際対策については以下のリンクをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/000943168.pdf

ERFSとは入国者健康確認システム(Entrants, Returnees Follow-up System)の略です。

Entrantsとは「入る人、 新入者、 新規加入者」、Returnees とは「帰還者;帰国者;帰国子女」という意味です。Follow-up Systemは日本語でも通じるフォローアップシステムですね。

外国人の方が新規に本邦に入国する場合は入国者健康確認システム(ERFS)から新規入国オンライン申請が必要になります。

URLは→https://entry.hco.mhlw.go.jp/

そして、なぜこういうようなシステムが存在するのかというと「コロナウイルス感染症」が原因です。

上記の入国者健康確認システム(ERFS)のWEBサイトでは以下の通り説明されています。

検疫の新型コロナウイルス感染症に係る水際対策、各省庁の入国承認手続き、 厚生労働省の入国者健康確認センターの運営に係る業務に提供しているシステムです。

外国人新規入国オンライン申請のためのログインID申請サイト

このように、新型コロナウイルス対策のために従来であれば在留資格認定証明書(COE)とパスポート(旅券)があれば入国できましたが、現在はそれに加えてERFSを使ってオンライン申請をした上で「受付済証」という書類も一緒に提出することが求められます。

 


【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る