loader image

在留資格認定証明書(COE)制度が生まれた背景

在留資格認定証明書(COE)制度が生まれた背景

在留資格認定証明書(COE)とは

在留資格認定証明書(COE)とは外国人の方を日本に呼び寄せたり時に必要な証明書の事です。

そして、入国審査手続きの簡易化・迅速・効率化を図るために設けられた制度によって作られました。

上陸に必要なビザ申請

外国の方が日本に上陸したい場合、その外国の方の国籍がビザ免除国(68か国)のパスポート(旅券)で商用、会議、観光、親族知人訪問等を目的、国によっては30日または15日など制限がありますが原則90日以内の在留期間であればビザ(査証)が不要です。

しかし、これらに該当しない外国人の方、つまり非免除国・長期滞在予定・報酬を受ける活動をする場合はパスポート(旅券)以外にビザ(査証)が必要となります。ビザ(査証)は在外公館が発行する日本に入国するための推薦状なものです。

なお、在留資格のことをビザ(査証)と言ってる場合がありますが正確には異なりますのでご注意ください。

ビザ申請の問題点

さて、このビザ(査証)ですが、外国人の方が申請する場合は在外公館に申請します。

その後、在外公館から日本の地方出入国管理局などに移送され、やっと審査されます。
そして在留資格に関する審査が必要であるため審査にも時間が掛かります。

その理由から在外日本領事館等が迅速にビザを発給するのは非常に困難となっています。

簡易化・迅速・効率化の為のCOE

これら時間のかかる入国審査手続きの簡易化・迅速・効率化を図るために設けられた制度が法務大臣によって事前に在留資格を審査する制度です。

これが在留資格認定証明書(COE)制度です。


【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る