loader image

【入管業務】お問い合わせ~受任までの流れ

【入管業務】お問い合わせ~受任までの流れ

お問合せ~面談予約

メールフォームから「お問合せ」

まずはwebフォームからメールでお問い合わせください。

メール内でご相談をいただくことがありますが、職責上対応出来かねます。ご相談は原則、本人確認後の対応となりますので、ZOOM面談内で後日、ご相談の質問に回答致します。

WEB診断のリンクを送付致しますので、必ずご記入ください。※ 5日以内にご記入いただけない場合はキャンセル扱いとなります。

WEB診断フォームでご記入いただいた内容をもとにお客様のカルテを作り、ZOOM面談を行いますので、ズーム面談予約フォームのリンクを送付致しますので、ご希望の日時をご予約ください。

ZOOM面談では、本人確認の為、まず最初に運転免許証などの身分証明書のご提示をお願いいたします。※弊社では必ず本人確認を事前に行います。本人確認ができない場合は一切のサービスの提供ができませんので予めご了承ください。

第12条 2行政書士は、業務の受任にあたり、依頼者等が本人であることを、面談等の適切な方法により確認しなければならない。

行政書士倫理綱領 https://www.gyosei.or.jp/information/introduction/ethic.html

お問合せ者様のご相談や弊所サービスの特徴の他、WEB診断で申請が難しいと場合はその旨などお話しいたします。なおズーム面談はWEBフォームに回答・本人確認した方限定で初回に限り1時間まで、無料でご相談可能です。

相談ではなく、サービスに関してメール問合せがしたい場合

サービスに関するご質問については以下の記事をご参照ください。

個人情報:行政書士の守秘義務について

メールフォームでは、必ず申請者様の本人情報をご記入いただき、ZOOMで本人確認をさせていただいております。記入内容に不足がある場合はサービスの対応が出来かねますので必ずご記入お願いいたします。

メールのやりとりでZOOM面談の日程調整を行ないます。面談の都合の良い日時(3日ほど)をお送りください。※一回につき、40分程を予定しております。

ZOOM面談

上記の通り、ZOOM面談では本人確認も兼ねてますので、必ず身分証明書のご提示をお願い致します。

ZOOM面談ではお客様のお話を聞かせていただき、申請すべき在留資格を特定し、必要な申請手続きを特定します。そのため、お客様にはどのような活動(仕事など目的)を日本でしたいのか聞かせていただきます。また、学歴や職歴なども詳しくお聞かせいただくのでご準備下さい。

面談後にお見積もりを作成し、二回目のZOOM面談でご説明させていただきご納得いただければ、ご契約となります。

ZOOM面談1回目の内容について

申請すべき在留資格の特定

外国人の申請人の方が、本邦においてどのような活動(仕事など)をご希望なのか聞かせていただきたいと思います。

聞かせていただいた内容をもとに、ご希望を実現するためにはどの在留資格に申請すべきかを特定致します。

なお、「日本に在留することができれば、どのような在留資格でも良いので依頼したい」といった、違法の虚偽申請に繋がる様なご相談はお断りしております。

行うべき手続きの特定

例えば、申請する外国人の方がまだ日本に滞在しておらず、当然在留資格も受けていないという状況ですと、申請すべき在留資格に対する在留資格認定証明書(COE)交付申請、すでに日本に滞在しているときで且つ、同じ在留資格でよい場合であれば、在留期間更新許可申請のように面談を通して手続きを特定して行きます。

申請者が所属する機関のカテゴリー確認

カテゴリーは四つに分かれ、申請者が所属するカテゴリーによって求められる書類、審査機関が異なります。そのため、弊社の案件処理に費やす時間と手間が大きく異なりますので、カテゴリーにより「ビザ各種報酬一覧」から異なってきますので、ご了承のほどお願いいたします。

ZOOM面談2回目の内容について

手続きの所要期間の予測

下記の記事のように平均的な審査期間は、法務省のウェブサイトで公開されていますが、外国人の申請者様の所属する機関のカテゴリーや地方普通入国在留管理局の業務量等によって実際の審査期間は異なってきますので、1回目の面談内容を基に調査を行ない見通しをお伝えします。

お見積もりの提示

弊所の目安となる、ビザ各種報酬の一覧はトップページに掲示しております様に以下の通りです。

しかし、先程の手続きの所要時間の予測と同様に、申請者様の個々の事情によって、業務量、審査期間、難易度、交通費など実費も異なってきますので、実際には一概に記載できないところがあり、上記のビザ報酬一覧の内容はあくまでも目安となっておりますので、二回目の面談でサービス内容も踏まえてご説明させていただきまして、ご納得いただけましたら御契約頂ければ幸いです。

契約方法について

契約方法については基本的に電子契約となります。詳しくは以下の記事をご参照ください。

お支払い方法について


【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る