loader image

「家族滞在」の在留資格の要件など概要について

家族滞在

「家族滞在」の在留資格とは一定の在留資格を持つ外国人の配偶者や子供の扶養家族を受け入れるために設けられたものです。

例えば、就労系の在留資格(技術・人文知識・国際業務や企業内転勤など)を持つ外国人が、家族を日本に呼び寄せて共に暮らしたいといったような目的で取得をします。

そのため、家族滞在の在留資格で日本に滞在する外国人の方は、扶養者である一定の在留資格を持つ自身の配偶者や親が日本に在留する場合に限り、自身も日本に在留することができます。

「家族滞在」の在留資格を申請するものは、就労可能な在留資格、文化活動または留学の在留資格を持つものが扶養者でなければなりません。

なお、就労可能、就労不能などの在留資格に関しては下記に詳しく記載しています。

扶養者の親は対象外

家族滞在ビザでは扶養者の親は対象外となっておりますので、ご注意ください。

扶養者の親を帯同したい場合は高度専門職の在留資格に切り替える必要があります
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

高度専門職と同様に制限が緩い、「永住者」の在留資格でも親の帯同は出来ませんので、ご注意ください。



【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る