loader image

68のビザ免除措置国・地域一覧表

68のビザ免除措置国・地域一覧表

外務省からHPから引用https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html

アジア インドネシア(注1)
シンガポール
タイ(注2)(15日以内)
マレーシア(注2)
韓国
台湾
香港(注3)
マカオ(注4)
北米 米国
カナダ
中南米 アルゼンチン
ウルグアイ
エルサルバドル
グアテマラ
コスタリカ
スリナム
チリ
ドミニカ共和国
バハマ
バルバドス(注5)
ホンジュラス
メキシコ(注6)
大洋州 オーストラリア
ニュージーランド
中東 アラブ首長国連邦(注7)
イスラエル
トルコ(注5)
アフリカ チュニジア
モーリシャス
レソト(注5)
欧州 アイスランド
アイルランド(注6)
アンドラ
イタリア
エストニア
オーストリア(注6)
オランダ
キプロス
ギリシャ
クロアチア
サンマリノ
スイス(注6)
スウェーデン
スペイン
スロバキア
スロベニア
セルビア(注2)
チェコ
デンマーク
ドイツ(注6)
ノルウェー
ハンガリー
フィンランド
フランス
ブルガリア
ベルギー
ポーランド
ポルトガル
北マケドニア
マルタ
モナコ
ラトビア
リトアニア
リヒテンシュタイン(注6)
ルーマニア
ルクセンブルク
英国(注6)
  • (注1)インドネシア(2014年12月1日以降)のビザ免除の対象は、ICAO(International Civil Aviation Organization:国際民間航空機関)標準のIC旅券を所持し、インドネシアに所在する日本の在外公館(大使館、総領事館、領事事務所)においてIC旅券の事前登録を行った方に限ります(事前登録の有効期間は3年又は旅券の有効期間満了日までのどちらか短い期間になります)。
  • (注2)タイ(2013年7月1日以降)、マレーシア(2013年7月1日以降)及びセルビア(2011年5月1日以降)のビザ免除の対象は、ICAO標準のIC旅券を所持する方に限ります。IC旅券を所持していない方は事前にビザを取得することをお勧めします(事前にビザを取得せずに入国する場合、日本入国時に厳格な入国審査が行われ、結果として入国できないおそれがあります)。
  • (注3)香港のビザ免除の対象は、香港特別行政区旅券及び英国海外市民(BNO)旅券を所持する方(香港居住権所持者)に限ります。
  • (注4)マカオのビザ免除の対象は、マカオ特別行政区旅券を所持する方に限ります。
  • (注5)バルバドス(2010年4月1日以降)、トルコ(2011年4月1日以降)、及びレソト(2010年4月1日以降)のビザ免除の対象は、ICAO標準の機械読取式旅券(MRP:Machine-Readable Passport)又はIC旅券を所持する方に限ります。MRP又はIC旅券を所持していない方は、ビザを取得することをお勧めします(事前にビザを取得せずに入国する場合、日本入国時に厳格な入国審査が行われ、結果として入国できないおそれがあります)。
  • (注6)これらの国の方は、ビザ免除取極において6か月以内の滞在が認められていますが、90日を超えて滞在する場合には、在留期間満了前に出入国在留管理庁(地方出入国在留管理官署)において在留期間更新手続きを行う必要があります。
  • (注7)アラブ首長国連邦(2017年7月1日以降)のビザ免除の対象は、ICAO標準のIC旅券を所持し、日本の在外公館(大使館、総領事館、領事事務所)において旅券の事前登録を行った方に限ります(事前登録の有効期間は3年又は旅券の有効期間満了日までのどちらか短い期間になります。)。
  • (注8)ペルー(1995年7月15日以降)及びコロンビア(2004年2月1日以降)に対しては、ビザ取得を勧奨する措置を導入しています。事前にビザを取得せずに入国する場合、日本入国時に厳格な入国審査が行われ、結果として入国できないおそれがあります。
  • (注9)現在、対象となる国・地域はありません。

短期滞在の在留資格


【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る