loader image

エイジングフィルター発動か?

エイジングフィルター発動か?

検索順位ツールを見ていると、急にいくつものキーワードでトップ表示だったものが、圏外になっていたのでいよいよアレが始まったようです。

エイジングフィルター発動か?
エイジングフィルター発動か?

あれというのはエイジングフィルターというもので、簡単に言うと新規ドメインの場合、 googleに認識されてから三か月から一年ぐらいはたとえ良いコンテンツのホームページを構築したとしても、まったく評価されず検索順位はなど不遇な扱いを受けるという期間です。

ちなみにこのエイジングフィルターというのは、 googleが公式に発表しているものではなくSEO界隈の推測の産物ですが「存在する」という考えが主流です。

私の感想としても、今まで高い評価をもらっていたのが急に圏外、且つペナルティーをもらってgoogleのインデックスから外されているいるわけではなく、検索結果を調査すると検索キーワードに関連しないページが表示されているにもかかわらず、圏外に追いやられていることから消去法でこの理不尽を考えるとあり得るのではないかと思います。

なので、 エイジングフィルター発動からだいたい三ヶ月から6ヶ月、長いと1年以上と検索結果と意味で不遇の時代が始まったようですが早く終わるように祈ることとします。

ところでこのエイジングフィルターというのはなぜ存在するかというと、今はそれほどでもないですが昔はgoogleの検索順位は被リンク(ほかのサイトからのリンクの事)の数量と質(古くからあるか、 有名、評価されているか)で決まる時代があり、それよりもっと昔は単純にリンク数だけで勝敗が決まる時代があったそうで、その時代はひたすらサイト量産して検索順位を上げたいサイトにリンク貼り続けて、 googleがこんなにリンクが貼られてるんだからすごいに違いないということで検索順位が上がるという仕組みがあったらしく、現在は当然対策が取られていてその結果の一つとしてエイジングフィルターというものができたとされてます。

で、このエイジングフィルターの発動条件というものが被リンクの増加らしく、実際に私のサイトも被リンクがちょっと増え始めた段階から兆候が始まっているので、概ね噂通りでした。

このエイジングフィルターの止め方についてはgoogleのアルゴリズムはかってにやっているのでgoogleの社員すらわからないらしく、これもあくまで噂でしか過ぎませんがとりあえず効果があると思われるのは記事の投稿をやめないなど活動的な運営を続けるしかないようです。

私もまだまだ全然自分の理想とするホームページになっていないので頑張って運営を続けていこうと思います。

エイジングフィルター発動か?

あれから、もう少し調査をしたら上記のデータのようにページとそのページが狙うキーワードの推移をチェックしていましたが圏外になった後に、圏外前よりも上位表示されているパターンや、同じレベルに戻ってきているパターンもありエイジングフィルターについてはも、サイト全体であると言うよりはページごとに存在するというような印象です。

追記:2022/07/22

観察を続けていますが、記事を投稿した7月18日よりも記事の圏外の範囲が広がっており、 googleサーチコンソールからペナルティーの通知が来てるわけでもなく、インデックスを外されているわけでもないので、とりあえず大雑把に考えてエイジングフルターが発動するとみてよいでしょう。

となると、三か月から六ヶ月ほど待たない限り、 SEOで集客は厳しい時期に入ったようです。そうだねサイトの充実は続けますが、集客はあまり期待せずその他の営業で出来ていなかった所を強化していこうと思います。

ただし分析しているとやっぱり気になるのはドメイン全体がフィルターにかかっているようには見えないという点です。

エイジングフィルターといえば基本的にドメイン自体が新規作成された事もあり、評価そのものができないというアルゴリズムが判断し、結果的にサイト全体が圏外となる現象です。

しかし、検索順位確認ツールを眺めている限り、ページごとに圏外に行っては上記の画像のように戻ってきたりしていたり、別に圏外に行かず安定して1ページ表示しているページもあります。

つまりドメインが問題ではなくて、単純にページが軽度のペナルティーを食らっている可能性があります。

で心当たりが普通にありまして、1つはまだまだ立ち上げ期っていうのもあり、建物で言うと工事中のサイトなので、大掛かりな変更が加えたりしています。

例えば別の記事で、古物商関連のキーワードで上位表示されていたというような記事を書いておりましたが、その当初は「トップページ」に古物商のページを設けており、比較的重要な位置づけだったのですが、入管関係を主軸に据えたいという考えから、古物商はサブディレクトリへ引っ越してもらうなど大掛かりな変更を考えています。

他にも、内部リンクをプラグインに他に優先順位の高いしないといけないことがあり初期設定のまま任せっきりで関連性のない者同士が繋がってしまっており、これが原因でペナルティーを食らっている可能性があります。

他にももちろんいろいろありますが、書くと長くなるのでこの辺にしておきます。

ですので、プラグインは削除して、手動で関連性の高い内部リンクを構築して様子を見てみたいと思います。

追記:7月25日

エイジングフィルター発動か?

先日、アクセスSEO対策ツールさん(https://www.ispr.net/tools/power-rank-check)でドメインパワーを見た時気づきましたが、このサイトがgoogleに認識されたのは2020年の3月26日あたりなので、今日やっとgoogleに認識されてから三カ月目の最終日になるわけで、やっと明日から四カ月目の初日になるようです。

エイジングフィルターの発動条件は新規のmainでgoogle認識されてから3から6か月間なので、エイジングフィルターの真っ只中にいるわけですが、それでも検索エンジンでたまたまかもしれませんが狙ったキーワードで1ページ目とか表示されているのもあり、このエイジングフィルターが終わった瞬間にどのような検索結果になるのか楽しみです。


【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る