loader image

URLは日本語の良いのか、英語の方が良いのか問題

ホームページを制作する時に悩むのが日本語ドメインの存在ですが、なまじ日本語ドメインは割といいキーワードがとりやすいというのもあって惹かれる面もあります。

しかし結論から言うと、日本語ドメインを選ぶのはやめたほうが良いと思います。

まず大前提として、SEO的には英語ドメインとローマ字ドメインに比べて日本語ドメインは対等です。

古い記事ですがgoogleの中の人は住んでいる国の言語のドメインを利用する事をむしろ推奨していたりと日本で住んでいるなら日本語ドメインを使った方がいいような記事も見つけることが出来、日本語ドメインを使う方が良い印象を持つかもしれません。

しかし実際のところは、半角英数字以外の文字を使った場合(日本語など)それを半角英数字に変換してURLが作成されるので、やたらと長いURLになってしまいます。

それにこれを実体験なのですが、行政書士なので「申請」というキーワードは結構重要でひょっとするとどう思い日本語ドメインを調べてみたら「申請.com」が空いておりまして、早速ホームページを作ってみました。

するとどうなったか?

全然検索に引っからないんですね。しかもスマホとかタブレットの場合、URL直打ちが出来ないので「申請.com」みたいに検索バーで検索するしかないのですが、全然関係ないホームページばっかり検索結果に出てしまい、全く自分のホームページにたどり着けないということが分かりました。

これが一番大きな問題で私は止めました。

次にコンテンツSEO(要するに良い記事を書いて、たくさんの人に紹介してもらってリンクを貼ってもらってホームページの評価を上げて検索順位を上げる方法)をする際に、肝心のリンクを貼ってもらう際に日本語ドメインの場合だと冒頭で書いた通り変換されてしまっているので長いドメインになってしまいます。

そうするとお分かりの通り紹介したいときに妙に長いしかも意味のわからない文字の羅列のURLをメッセージ欄やメールやらSNSやらに書き込む格好になってしまいます。 SNSの場合だとツイッターとか拡散性が高いのですがご存知のとうり書き込める文字数が決まっているので、すごい長いURLになった場合だとそもそも書き込みさえ出来ず、書き込めたとしても紹介文がまともに書けないようなことになってしまいます。

URLは日本語のメインか半角英数字か
URLは日本語の良いのか、英語の方が良いのか問題

そのためURL自体はやはりシンプルな方が使い勝手が良いので私の考えとしては半角英数字一択になります。

逆に言うと日本語URLのメリットは何かというと、ブログのように簡単に記事を書いて簡単にアップする様な場合だと、毎回それに合った英数字を考えるのが非常に面倒くさい場合があります。そういった場合はもう何も考えずに日本語URLで作るのもありかもしれません。(というか実際に私もやってますが…後でボーっとしたい時、ちまちまと英語URLに変更しています。)

追記:2022-8-1

およそ二ヶ月ほど前にこの記事を書きましたが今の現状の私の心境としては英数字URL以外の選択肢はあり得ないという確信を持っております。

その理由は何かというと、インデックスを知っているか確認する方法の一つとしてグーグルサーチコンソールの「URL検査」があるのですが、いまいち信憑性がないので自分は「site:」を使って確認しています。

で私の中でまだ確認が取れていませんが日本語URLが入っていた場合だと、「site:」が上手く機能しないような気がします。

これが理由その一。

もう一つの理由としては、自前の検索順位確認するがあるのですが、これをちょっと改造すれば「site:」の確認を自動化することができます。

しかし日本語URLの場合は文字コードの原因でエラーが発生して(そもそも理由その一のように、ツールが動いたところで機能しないのですが…)、やはり自前のツールの方も動かないのですね。

そうするとインデックスが外れて何かのチェックが膨大な時間がかかってしまうので、とてもついていけないわけです。

これが理由その2

以上の理由から今現在としては英数字URL以外は考えられないです。


【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る