loader image

(続)ダブルライセンスは不要論

(続)ダブルライセンスは不要論

ずっと前にダブルライセンスは不要という記事を書きました。

(ちなみにダブルライセンスは要らないと個人的に思う理由は、あくまで収入を増やす場合は別に要らないという意味で、趣味で勉強したいとかその他諸々のある場合は別です。)

早速、なぜ不要かというと、行政書士として対応できる専門業務を増やす方が早いし(そもそも国家資格取得は大変なので)楽なのではと思うからです。

で、そこまで言っておいて、中小企業診断士は有りかもしれんと思うようになりました。(他に優先順位の高いことがたくさんあるので、受験しませんし、そもそも受からない確率が高い)

まぁ、合格するに越したことはないのですが、勉強内容がマーケティングと実用なため、別に合格しなくても効果はあると思います。

で、何が目的で中小企業診断士勉強したいのかと言うと、行政書士業務に深みが出ると思うからです。

許認可業務において、お客さんの本当の目的はお金を稼ぐことであって、営業許可の取得はあくまで手段に過ぎません。

そういった意味で経営を学ぶことで、お客様の話が分かる行政書士として信頼頂けるようになり、許認可取得業務にも深みが出るのではないのかという考えに至ったわけです。

もちろん、ダブルライセンスの問題点として確かに業務の幅は広がりますが、1人1人の時間は24時間と限られており、行政書士でさえ使いきれてないにもかかわらず、更に出来る事を増やしても中途半端になってしまうリスクがあります。

例えば、行政書士+社労士が相性がいい資格としてよく注目されますが、人によってはどちらかに偏ってしまって、うまく有効活用できないという声も実際に見聞きします。(勿論、有効活用できる方もおられます。)

それに比べて中小企業診断士の場合は名前の通り、経営の資格です。

中小企業診断士と名乗れる名称独占資格なので、何か独占業務ができるようになるようなものでもありませんし、別にこの資格を取らなくても経営コンサルタントにはなります。

ただ、他の資格と違うのはマーケティングが学べる点です。

マーケティングは士業事務所を経営する上で避けられないもので、業務の幅は広がるのではなく、既に着手している点で他の資格で得られる独占業務と異なります。

成功している行政書士の先生の話を聞くと、ほぼ全員が「マーケティングを学べ」と言っています。

また、開業当初から軌道に乗るまでをブログで書いている先生の話を読んでると、たまたまかもしれません(若しくは、セミナーの宣伝に引っかかったかも?)が中小企業診断士の先生から指導を受けて、軌道に乗り始めたケースを複数見つけ、指導をしてもらうのではなく、自分がそれになれば良いのではと、ちょっと気になったのでした。


↓↓↓↓↓ブログランキングに参加しています、順位はコチラ↓↓↓↓↓

ブログの関連記事



〒520-0012 滋賀県大津市鏡が浜4番1−1106号
月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日10:00 – 19:00
050-3146-4022

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

【Disclaimer】

Neither our firm nor any of its business associates shall be liable for any trouble, loss, or damage arising from the information contained in this site or from the use of this site, regardless of the reason for the details.

トップへ戻る 友だち追加