loader image

令和4年度行政書士試験の申込受付開始

令和4年度行政書士試験の申込受付開始

以下、行政書士試験センターから引用➡https://gyosei-shiken.or.jp/

  • 受験資格:年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験できます。
  • 試験日時:令和4年11月13日(日)午後1時~午後4時
  • 試験場所:試験地・試験場一覧
  • 受験手数料:10,400円
  • 受験願書・試験案内の配布:令和4年7月25日(月)~8月26日(金)
  • 受験願書・試験案内の配布と請求方法
  • 受験願書・試験案内配布場所一覧
  • 受験申込受付期間
  • 郵送申込み:令和4年7月25日(月)~8月26日(金)消印有効
  • インターネット申込み:令和4年7月25日(月)午前9時~8月23日(火)午後5時
  • 合格発表:令和5年1月25日(水)

こんにちは、滋賀県大津市の行政書士 森永です。

ということで、今年の行政書士試験令和4年度の申請が本日より始まります。

受験生の方は、申し込みを忘れないようにご注意ください。

ちなみに私は去年の令和3年度に京都会場みやこめっせで受験しました。

受験をした身としては受験会場の選び方というのも割と重要かなと思います。みやこめっせ京都会場というのは、展示会場なので仕方ないのですが、常設の机椅子はなく、簡易的な折りたたみの机と椅子で試験問題を解くというという状態でした。

受験生2名が長机で試験を解くのですが、どうしても折りたたみ机なので重量もなければ足も細く作られており、隣の受験生が消しゴムで消すとき私の集中力を削ぐには充分過ぎるほど机が揺れてくれました。

なので、今年もコロナウイルスの理由で受験会場が分散されていると思いますが、もし私が受験するならできる限り学校系の会場を選びます。もともとそういう施設なので試験に適した机と椅子が用意されており、受験しやすい環境だと思います。

あと予算がある方は、受験日当日の日曜も受験会場付近のホテルをとっておき、試験が終わったらホテルでアルコール飲料を飲んで21時頃まで爆睡してしまうのが一番良い気がします。

なぜかというと、すぐに解答速報がツイッターなどで始まるのですが、少しずつ正解の問題がランダムにツイートされて、それを待っている間のストレスはとんでもないレベルでした(当然個人差はありますが)。

なので予算がある場合は、あのストレスを避けるためにさっさと酒を飲んで爆睡して夜を迎えて、答え合わせして結果を知るというのが良いかと思います。

あとできれば記述も受けて180点取った方が良いです。行政書士試験は結果発表まで、二ヶ月半ほど時間が掛かるので相当憂鬱な気分のまま年末年始を迎える事になります。

ギリギリライン(160点台記述待ち)の方は、来年の再受験に向けて勉強をしないといけないのか、しなくて良いのかと相当苦しむ事になりますので、理想を言えば記述抜き180点を突破することをお勧めいたします。

それで受験生の皆様、ご健闘をお祈り申し上げます。

↓↓↓↓↓ブログランキングに参加しています、順位はコチラ↓↓↓↓↓

【免責事項】

当サイトに掲載されている情報、または当サイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、当事務所及びその業務関係先は、詳細は理由の如何を問わず一切の責任を負いません。

© 2022 行政書士森永事務所
トップへ戻る